膀胱嚢腫とは何ですか?

中年女性に最も一般的に見られる稀な乳房腫瘍である嚢胞葉は、乳房の組織を構成する細胞から生じる成長である。ほとんどの場合、これらの腫瘍は良性ではありますが、周囲の構造や遠くの部分に成長することがあります。腫瘍の診断は、腫瘤から試料を採取することに依存し、治療は異常な乳房組織を除去することに焦点を当てている。

嚢胞性葉状腫瘍は、乳房の間質細胞中に形成されると考えられている。これらの細胞は乳房組織を構成し、エストロゲンやプロゲステロンなどの血液中の高レベルのホルモンに応答して増殖し分裂することができます。未知の理由から、まれに、これらの間質細胞は、調節されていない様式で増殖し始めることがあり、周囲の構造に侵入しても、体の遠くの領域にまで広がることさえある。間質細胞のこの調節されていない増殖は、嚢胞性葉状腫瘍の発生を引き起こす。

膀胱腫瘍の発生のリスク要因はほとんど理解されていない。腫瘍は、通常40代の女性に現れる。しばしば、後の年齢で腫瘍を発症する女性には、治療が困難な疾患がある。 Li-Fraumeni症候群として知られるまれな遺伝病態が、このタイプの腫瘍を引き起こすことが知られている。

膀胱癌腫の腫瘍の確定診断は、その塊の生検を行い、それを顕微鏡下で検査することに依存する。腫瘍自体は、自己乳房検査、認可された医療従事者による臨床的乳房検査、またはマンモグラフィー – 乳房組織の異常を探すために用いられるX線撮影法によって検出され得る。腫瘤が同定された後、腫瘍の小さな切片を除去することによって生検を施すか、またはすぐに完全に除去することができる。

嚢胞葉腫瘍の治療は、その外科的除去に焦点を当てている。乳房手術の専門家は注意深く腫瘍を除去し、異常な腫瘍組織をすべて除去するようにします。切除された組織は、典型的には、全腫瘍が除去されたことを確実にするために余裕を調べることができる病理学者に送られる。

膀胱癌の葉状腫瘍に罹患している患者の予後は、多くの要因に依存する。これらの腫瘍の多くは良性であり、本質的に周囲の構造に浸潤したり、体の遠方に広がったりしないことを意味する。これらの患者の予後は、典型的には良好であるが、それらの疾患の将来の再発についてモニタリングされなければならない。腫瘍が悪性であれば、それは異なる地域に広がる傾向があることを意味し、疾患の治癒を達成することはより困難である。これらの患者は、腫瘍をより完全に根絶するために化学療法または放射線療法を必要とするかもしれない。