結腸癌の生涯期待に影響を及ぼす要因は何ですか?

結腸癌の平均余命は、患者の全体的な健康状態を含む多くの要因に依存する。結腸癌の段階は、治療の難しさを決定し、手術後の残存癌細胞は患者の予後に影響を及ぼす可能性がある。反復結腸癌はまた、患者の平均余命を減少させる。癌細胞が早期に検出されると、生存率は通常より高くなります。

ステージ0からステージ4までの5段階の大腸癌が存在する。癌細胞はまだ結腸および直腸全体に広がっていないので、ステージ0は最も重症ではない。結腸癌患者は、腫瘍が広がっていてもまだ結腸内にある場合には、ステージ1と診断される。癌は、通常、ステージ2の結腸癌を有する患者の直腸に広がる。

癌細胞は結腸癌の後期段階で身体の他の部分に広がり、治療するのがより困難になります。ステージ3の結腸癌を有する患者は、リンパ節への細胞の蔓延を経験するかもしれない。癌細胞は主要な器官を含む結腸から身体の他の部分に広がっているため、一般にステージ4は最も治療が困難です。結腸癌も再発と分類することができ、これは、積極的な治療にもかかわらず、癌細胞が定期的に再発することを意味する。

結腸癌の平均余命は、患者が有すると診断された癌の段階に直接関係する。結腸癌は、体内の複数の場所に存在するのではなく、1つの領域で隔離されている場合には、大腸がんを治療する方が簡単です。血液検査、大腸内視鏡、コンピュータ断層撮影(CT)スキャン、およびX線は、大腸癌を診断するために使用される一般的なツールです。結腸癌の段階を決定することは時々困難であり、腫瘍学者は治療プロセスが始まるまで正確な診断を行うことができない可能性がある。

場合によっては、結腸癌細胞が積極的に増殖し、結腸に穴ができます。これは大腸癌のどの段階でも起こりうる。このような現象は、悪性細胞が体内に迅速に広がる機会が増えるため、大腸癌の寿命を短縮する可能性があります。

手術は一般的に大腸がんの除去の最も一般的な方法です。この方法は、悪性の細胞を取り除くために大腸癌の初期段階でさえ使用されています。腫瘍専門医は、すべての結腸癌細胞が体内から除去されることを確実にするために、化学療法による手術を受ける可能性がある。

場合によっては、大腸癌は手術および化学療法後に再発することがあります。通常、患者は新たな癌細胞を破壊するためにより多くの外科手術または化学療法を受けます。再発性の悪性細胞は、患者の結腸癌の平均余命を減少させる可能性がある。

健康的な生活習慣は結腸癌の平均余命にも影響する可能性があります。高繊維および低脂肪食は、腸を清潔に保つことによって結腸の健康を助けます。定期的な運動は、結腸癌再発の可能性の低下につながることもあり、結腸癌の病期から回復するのに役立つ可能性があります。手術から回復している患者は、新しいライフスタイル計画に着手する前に、食事や運動に関するアドバイスを医師に求めることができます。