優等複合体とは何ですか?

優越錯体は、冒された個体が自尊感情を誇張した心理的障害である。彼または彼女は他の人より優れていると感じ、他の人の考えを無視します。優れた複合体を持つ個人は、しばしば壮大な感覚を呈する。彼らは、通常、他の人よりも優れている、またはより重要であるという気持ちを維持し、しばしば他人の意見や要望を真剣に受け止めません。この障害は、ナルシシズムまたは過食症とも呼ばれることがあります。

優れた複合体を持つ人の性格には、傲慢、共感の欠如、自慢する傾向があります。ナルシシズムの性格を持つ個人は、しばしば密接な関係を維持するのに困難な時期があります。彼らは侮辱と見なされるものに対して強い反応を示します。優位性を持っている人は、彼または彼女の司式の承認を与える人を平らにするが、賞賛を示さない人は軽蔑する。個人はしばしば、多くの分野の専門家であると主張し、彼または彼女よりも多くするようなふりをする。

優位性複合体は、一般に、下位の劣等性複合体の結果である。個人は、何らかの形で不十分または重要でないと感じ、これを幻想的な優越性およびエゴイズムで補うことを試みます。根底にある劣等感の複合体がない場合、その個体は、成年に引き継がれた優越感を子供として賞賛し感心しているかもしれません。優越錯綜の他の考えられる原因には、感情的虐待、過度の批判、および親からの過小妄想が含まれる。

優位性の複合体を持つ個人は、しばしば人々を妨害し、一般に他者の言い分を気にしません。彼らは議論の中で自分自身に会話を持ち、頻繁に「私」「私」「私」という言葉を使用する傾向があります。自己愛的性格を持つ人たちは、規則が適用されないと信じて、しばしば権威に反するでしょう。この心理的状態に冒された人々は、しばしば自分の気持ちを考慮しないで他の人を使用したり操作したりします。

優位性の複合体と健全な自己意識を区別することが重要です。自分自身の信頼度が高い人は、ナルシシジスとして、または優越感があると不正確に記述されることがあります。単に自分の能力に自信を持っている人は、一般的に他の人に対する完全な無視や共感の欠如を示さない。これらの個人は専門家であると主張したり、ある分野で高度に熟練していると主張したりするかもしれませんが、他の人より優れていないことを十分に認識しています。優位性の複合体を持つ者は、一般的にすべての点において優れていると感じています。