どのような要因が子供の注意に影響を与えますか?

子供の注意持続時間は成人の注意持続時間よりも当然短く、親と教師が子供の注意力を向上させるために積極的な役割を果たすことは一般的に重要と考えられています。さまざまな要因が子供の注意力に影響を与える可能性があります。子供の育成、適切な食べ物と休息、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの障害はすべて、若者の注意力に影響を与える可能性があります。

子供の注意力を向上させる1つの方法は、両親が自宅で息子と娘と仕事をすることです。親はゆっくりと子供たちを注意を払う必要のある状況にさらすことができます。大人は、若い世代の子供たちに、人が話しているときには、失神したり、騒音を発したり、他の気を散らしている行動に従事したりすることを教えることができます。教師は、授業を子供に優しいものにすることで、子どもをより注意深くするというミッションを支援することもできます。年少の子供たちは、特に、長めの講義形式のレッスンで絵や物を使ったインタラクティブなレッスンに注意を払う傾向があります。

子供の注意の持続時間はまた、彼らの毎日のルーチンと食事によって影響を受ける可能性があります。あまりにも多くのお菓子を食べることは、子供をハイパーにして、まだ座って注意を払う可能性が低くなります。注意を払わない子供に苦労している親は、子供の加工した砂糖で満たされたおやつを、スライスしたフルーツやセロリスティックのような健康的な軽食に置き換えるべきです。子供たちが夜に十分な睡眠を取ることも不可欠です。適切な睡眠を取らない子供は、翌日に気管支痙攣と倦怠感を訴え、注意を払う能力に影響を与える可能性があります。

いくつかの子供たちは、通常、医学的障害のために、彼らがどれほどの努力をしても注意を払うことができません。学校で苦労したり、常に気を散らしたり、同級生と同じペースで学んでいないようで、座席にいないように見える子供は、共通の医療問題であるADHDの評価を受ける必要があるかもしれません。精神科医がADHDの子供を診断すると、彼は注意のスパンを改善するのに役立つ治療を開始することができます。

メチルフェニデート薬は、ADHD患者の症状を抑えるのに役立ちます。行動変更は、投薬だけでは必ずしも子供の注意スパンの問題を解決するとは限らないため、ADHD治療のもう一つのステップです。子供の中には、特殊な学習環境や1対1のヘルパーが必要な場合があります。トークセラピーのカウンセリングセッションも、ADHDの子供にとって有益です。