Dermatofibrosarcoma Protuberansとは何ですか?

DFSPとして一般に知られている皮膚線維肉腫は、線維芽細胞に関連するいくつかの特徴を有する腫瘍の一種である。ほとんどの場合、この腫瘍は皮膚に発生し、最終的に肺に移動する能力を有するが、これは比較的まれな発生である。大部分の場合、皮膚線維肉腫のプロトルベラン腫瘍を扱うには外科的除去が必要であるが、他の方法は非常に低い成功率を有する傾向があるためである。

多くのタイプの腫瘍と同様に、細胞が急速に分裂し始め、最終的には異常増殖に至るため、DFSPが存在します。これは、2つの特定の遺伝子の融合のためです。コラーゲン遺伝子および血小板由来増殖因子遺伝子が生じる。得られる融合遺伝子は、通常の場合のようにタンパク質を産生しない。その代わりに、遺伝子自体がこの産物をタンパク質を産生するものとして読むにしても、腫瘍の異常な増殖を促進する増殖因子を産生する。最初は、腫瘍は皮膚の下の小さな隆起以上に見えるかもしれません。時間の経過と共に、皮膚線維肉腫のプロトルベランは、筋肉組織に進入し、おそらく周囲の器官にまで広がっている可能性があります。

皮膚線維肉腫のプロトルベラン症の予後は、特に早期に検出された場合、かなり良好である。腫瘍を縮小するために化学療法を使用する努力がしばしばあります。化学療法の様々な形態で使用される軽度の薬物であるイマチニブの使用は、有望な結果を生じることがある。また、放射線療法と化学療法の併用が行われる可能性もあります。

しかし、外科手術は、しばしば、皮膚線維肉腫のプロテウス症を治療するための好ましい方法である。腫瘍の除去はまた、腫瘍が身体の他の部分に細胞を放出し始めたという徴候について周囲の組織を検査することを可能にする。幸いにも、この手続きは比較的単純であり、合併症の多くはほとんど関与しません。手術を利用する場合でも、放射線治療や化学療法のフォローアップ治療が予防策として行われることは珍しいことではありません。

必ずしもすべてのタイプの腫瘍の中で最も危険であるとはみなされませんが、皮膚線維肉腫のプロトルベラン症が深刻な問題であることを認識することが重要です。早期発見は、回復過程の期間だけでなく、治療過程にも大きな影響を与えます。あなたの医師の指示に従って、皮膚線維肉腫の過程の間に、放射線による治療と化学療法、ならびに手術後の両方が存在している可能性のある症状または不快感を最小限に抑えるのに役立ちます。