Burn Unitとは何ですか?

火傷ユニットは、重度の火傷の初期治療および管理を扱う病院部門です。この種の傷害は比較的一般的であり、深刻な場合には直ちに医師の診察と長期間のケアを必要とするため、多くの大病院では火傷治療が行われています。やけどユニットで働くことは、しばしば困難であり、ありがたい仕事です。時には、より有名な病院部門よりも注意を払うこともありません。

バーン・ユニットは、非常に多様なヘルスケア専門家の仕事を必要とします。外科医、理学療法士、呼吸器専門医、作業療法士、そして様々な看護師や技術者がすべて、良いバーンセンターを効率的に運営するのに役立ちます。多くの火傷ユニットは、緊急時の回復のケアを提供し、重度の火傷の犠牲者が初期の状況だけでなく、重度の火災事故の後に起こり得る時折の重度の生活習慣の変化にも適応します。

火傷の患者に不幸な患者を上陸させる可能性のある多くの種類の火傷がある。火傷による火傷に加えて、化学的な火傷、蒸気の灼熱感、および電気的な火傷は、すべて重大かつ致命的な害を引き起こす可能性があります。人々は、車の事故、飛行機の墜落、爆発、機械的事故、および定期的な火災で強い熱傷を受ける。初期治療後でさえ、皮膚の喪失および内臓の火傷による損傷は、正常な機能を継続し、治癒を阻害する身体の能力を破壊する可能性があるため、重大な火傷を患っている人は生き延びるには長い道のりを歩んでいる。

火傷ユニットでは、火傷後に直ちに生命を脅かす問題を評価し、対処することが優先事項です。その後、患者は回復する必要があり、しばしば火傷によって引き起こされた損傷の一部を修復するために手術を受ける。外科医は、失われた皮膚を置換するための皮膚移植を行うことができ、栄養士やセラピストは回復の道に沿って患者の進歩を助ける。火傷患者は感染症に非常に敏感で、移植片拒絶反応やその他の問題を引き起こす可能性があるため、熱傷を負うユニットでは信じられないほど綿密な衛生方針が必要です。

物理的な医療に加えて、多くの火傷ユニットは、心理的なサービスも幅広く提供しています。残念ながら、火傷の被害者の中には、最善の医療を受けていても、永久に傷跡が残っているものや使用できないものがあります。これらの患者の間では重度のうつ病は珍しいことではなく、重傷者の心理的な回復が身体的な回復と同じくらい重要であると主張する人も多い。

多くの医療従事者は、必要な医者や介護者を募集するのが最も困難な場所の一つとして、火傷センターを挙げています。火傷患者の労働者は、恐ろしい傷害を見て、困難で頻繁に信じられないほど痛みを伴う回復を通じて患者に出席しなければならない。それにもかかわらず、火傷ユニットで働く専任の専門家は、自分の人生を保存するだけでなく、醜い事故や衰弱した事故に続いて人々を見て治療することを続けて、患者の英雄となることができます。