傾斜の車椅子とは何ですか?

傾斜車椅子は、車椅子の座席が0度から約40度の傾斜を持ち、車輪が地面に安定している可動式減圧装置の一種です。典型的にはアルミニウムまたはスチール製であるが、この設計は車いすをコンパクトかつ重くし、車椅子を折り畳むことを可能にしない。傾斜車椅子には、介護者によって押される手動モデルと、集中制御パネルを介してユーザーが自己操作する電動車椅子の2種類があります。他のタイプの車椅子とは異なり、チルトシステムは、患者が頻繁に位置を変える必要性に対処し、長時間の座りによる圧痛を最小限に抑えます。最終的に、傾斜車椅子は、可動性に挑戦された個人に、全体的な快適さとより高い座り耐性を提供する。

患者は、他のタイプの医学的に設計されたモデルでは見いだせないチルトの車椅子からいくつかの利点を享受する。例えば、傾斜システムがなければ、上部背骨に前方湾曲を有する患者は、常に床に面するであろう。チルト機構を追加することで、彼の周囲を容易に見ることができます。このタイプの車椅子では、身体的な向きのみが変化するので、患者は依然として彼のコミュニケーションおよび電子医療機器で適切な向きを維持することができる。

傾倒車椅子はまた、表面を横切って引っ張られることによって引き起こされる皮膚組織上の摩擦である様々なタイプのせん断を防止し、剪断は、しばしば、椅子上の身体のミスアライメントをもたらす。この利点は、傾斜した車椅子が、脳性麻痺を有する患者、または運動が非常に制限されている頭部および脊髄損傷を有する患者に特に適している。

当初、麻痺者の可動性を提供する救命装置と見なされていた傾斜車椅子は、ユーザーが生活のすべての面で能力を最適化できるようにする機器に進化しました。これらの分野の1つはスポーツであり、レースやその他の競技に参加する障害のある選手は、車椅子を身体の延長線に変えた。これは、スポーツ車椅子の設計と設計を次のレベル、特にレーシングモデルに導いています。

患者の快適性と安全性は主にチルトホイールチェアの考慮事項ですが、モビリティと軽量材料はスポーツ車椅子の重要な特性です。明らかに、支援技術の方向性は、個人の特定のニーズに合ったデザインに向いています。これには、時速30マイル(約48キロメートル)以上のスピードを達成できるレーシング・ホイール・チェアに宇宙空間を傾ける特殊モデルが含まれます。