知覚テストとは何ですか?

知覚は、個人がどのように刺激または事象を理解し、見るかを示す。このように、知覚テストは、異なるものに対する個人の理解または応答性を測定する。多くのタイプの知覚が存在し、大部分は少なくとも1つの利用可能な試験を有する。これらには、感覚知覚テスト、文化的または世界観知覚テスト、および自己知覚テストが含まれ得る。多くの医学的検査は、視覚知覚および聴覚知覚のような知覚知覚を測定する。

視覚認知検査は本質的に心理的または医学的であり得る。例えば、ロールシャッハテストは、あいまいなインクブロットを提示することによって、人格の側面を測定する。どのような物体がインクブロットに提示されているかについての個人の解釈および認識は、精神科医が患者の内的思考および信念をより良く理解するのを助けることができる。知覚そのものは、しばしば厳しい事実ではなく、推論と仮定に基づいているため、心理学知覚テストは、本質的に客観的ではなく主観的であると考えられる。

ビジュアル知覚の発達テストや視覚知覚スキルのテストなど、より多くの医療ベースのテストでは、奥行き知覚、色認識、および同様の視覚的要因を測定することによって潜在的な視力異常を評価することができます。写真はこれらのタスクの多くに使用できます。個人は、オブジェクトを操作し、空間的方向性のような概念を実演するよう求められるかもしれない。

同様の知覚テストは、他の知覚知覚能力を測定することができる。聴覚知覚の発達テストのような聴覚知覚弁別テストは、個人が様々な種類の音および音の騒音レベルをどれだけうまく知覚できるかの考えを与える。さらに、個人は、味覚、嗅覚、または触覚の欠陥を検出するために、様々な刺激を提示することができる。一部の提唱者は、精神能力と関連分野の基礎となっている異常な感覚や知覚的贈り物を測定するとされる知覚テストが行​​われると主張している。

知覚検査は、医療界を超えて広範囲の用途を有する可能性がある。例えば、企業や政治家は、自分のイメージを変えるために一般の認識の尺度を使用するかもしれない。次に、広告主やマーケティング担当者は、製品の消費者認識を測定するためのフォーカスグループのようなツールを実装するかもしれません。アンケートやその他の知覚措置は、政府の方針を知らせることすらできます。

テストはさまざまな方法で提示でき、知覚テストも例外ではありません。例えば、伝統的な筆記試験は、様々な質問をして個人が自分自身をどのように認識するかを測定することができます。次に、回答を集計し、規模で分類する。一方、感覚検査は、それぞれ映像や音を提示することによって、聴覚または視覚を測定することができる。これらの刺激に対する応答は、カタログ化され、評価される。